君と僕のまにまに。

カードとゲームとアニメのBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

【WS】 スタンダード

スタンダード:# (名・形動)
# 標準。基準。標準的であるさま。
#
* 「―なスタイル」
* 「―になる」


ヴァイスの標準って全部まぜこぜで、

スタンダード=ヴァイス全体
ネオスタン=作品毎


という括りになってるけど、ヴァイスに関してはこれって逆じゃない?って最近強く思う。

汎用(はんよう)系TCGってユーザーに優しい部分もあれば厳しい部分もあるなぁって2年たって色々意識できるようになった。

メリットは、
作品のリリースの速さ
好きな作品だけ買えば良いので自分のペースで買い続けられる。
自分のいろんな好きな作品を混ぜて遊べる。
プレイヤーの確保
どの作品からでもカードゲームが可能なので回りにプレイヤーがたくさんいる。
作品毎によるインフレ防止
同じカード(テキストが全く無い)でも何度でも登場できる。
難易度も極端に上がらないので昔のカードがいつまでも使える。

デメリットは、
メリットの全て逆

リリースの速さ
購入ペースを極端に上げる結果になり、遊ぶ前に買わされてるという意識が作られてる。
プレイヤーは増えてる
同じファンと限らないため共通の会話が成り立たない。
TCG言語(?)を知らないファンユーザーが多いのでコミュニケーションをとるのが難しい。
作品毎のインフレ防止
へビーユーザーは好きでもない作品(もしかしたら嫌い)の強いカードを手に入れる必要があり、キャラゲーとしての質を下げている。

こういった環境って言うのは初め作品が好きで始める人は多いんだけど、むしろ長続きしないんじゃ無いかとこのごろ思う。

その上で最近のエクストラの乱立。
プロモの氾濫があるためカードゲームでしっかり遊ぶ前にカードを一生懸命集めるというゲームとしての楽しさが失われてる気がします。

そうした時にヴァイスのレギュレーション「スタンダード」とは本当にそれが「スタンダード」なのだろうか?
ヴァイスって最強を決めるためのゲームなの?
たぶんそれは違うと思う。いろんな好きな作品を自分で好きにカスタマイズできる。
ここまではスタンという表記でも良いと思うけど、今公式はネオスタンが全国大会の主になっているなら、スタンダードとネオスタンは逆にするべきだと思う。

スタンダード:作品またはそれに準じる構築(Fate/空の境界等)
ネオスタン:全ての特定カード以外のヴァイス作品


これがヴァイスシュヴァルツのベーシックであるべきだし、そういう作品を作って欲しいというのは、ファンとしての意見です。


【コネタ】
作品毎に爆竹のようなカードを作って、混ぜこぜには出来ない限定カードを用意する。
ヴァイス的にいうとシエスタみたいなやつですね。
こういうのがあると、その作品だけで遊んでいても楽しめるし、混ぜこぜになっても差がでにくいので遊びが増えると思う。
CXが効かないアタックや、ドローがおかしいコンボカードとかそういうのがあってもその作品内でなら楽しめる。友人同士なら別段それが混ざってても遊べるし、ルールが同じだから他のデッキとも遊べる。

今だと強いカードがあるとそれはキャラ指定だったりしますが、そういうのも抜きに出来れば遊びは広がるんじゃないかな。

スタンダード:作品毎
ネオスタン:作品限定以外の全て
アルティメット:全てのカード


本当に強いカードは名前も共通すれば「小川で遊ぼう」みたいに、単純な混ぜこぜもかわせるのでそういう案もいいかなと思う。
別窓 | WS | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 君と僕のまにまに。 | 【TCG】 旧・天田印刷がムービックと新TCG>>

この記事のコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2012-10-11 Thu 11:54 | | #[ 内容変更]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-02-10 Sun 13:53 | | #[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 君と僕のまにまに。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。