君と僕のまにまに。

カードとゲームとアニメのBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[DZ] ClockHand Vol.2 #99

ユニット-黒
1 殺意の魔煙キラー x3 Uncommon
2 夢見る人形エリザベス x3 Uncommon
1●1 レディ・ルージュ x3 Uncommon
1●1 不思議時計ワンダーラビット x12 Common
2●2 愛撫の魔煙フェザー x3 Uncommon
1●6 貪欲時計デーモンガスト x2 Rare

1コス/3 2コス/18 4コス/3 7コス/2
計 27枚


ベース-黒
2●2 冥界の通廊 x3 Rare
3●2 幽鬼の谷 x2 Uncommon

計 5枚


ストラテジー-黒
1●1 シャドー・ソウル x3 Common
1●2 デビルクロック・タクティクス x2 Rare
1●x 冥界の門 x3 Rare

計 8枚


サイド
ユニット
2 ローリングソーンズ x3 Uncommon
2●4 スカルティラノス x2 Rare
ベース
1●1 時間の墓場 x2 Common
ストラテジー
2 ポイズンレイン x3 Rare



ハンドをコントロールしながら、
プランユニットを丁寧に除去するのが目的。

変更点:緑抹消→3積を増やして安定度を上げる。
除去はサイドにして《レディ・ルージュ》をメインに。

結局ウイニー気質になってしまったが、
速攻や青緑に対抗できる組み合わせにはなったるはず…
これを回しきるプレイングがあるかどうかは別にして(w
除去コンのイメージを残しつつ回せるのがいいかなと思う。

■ 時計の王様 ■
貪欲時計デーモンガスト
プランゾーン効果(このカードがプランゾーンにある場合、以下のテキストが有効になる。)
種族「デビルクロック」のあなたのユニットがスクエアから墓地に置かれた時、あなたは自分の墓地にあるすべての種族「デビルクロック」のユニットを、持ち主の手札に加える。


後半になればなるほど効果の高いプラン効果種族限定墓地回収を持つ。
団結能力を持つ《不思議時計ワンダーラビット》がある為、《冥界の通廊》の除去が可能ならそのままそのユニットも回収できるのが強み。

不思議時計ワンダーラビット
団結(このカードはデッキに好きな枚数入れることができる。)
プランゾーン効果(このカードがプランゾーンにある場合、以下のテキストが有効になる。)
種族「デビルクロック」のあなたのユニットがスクエアから墓地に置かれた時、相手は自分の手札にあるカードを1枚選び、持ち主のプランゾーンにあるカードを裏向きにした後、持ち主の山札の1番上に裏向きで置く。


枚数制限を無視した【団結】を持つ軽量ユニット。
プランからの効果も持つので、安定した効果が期待できる。
何よりパワー500と貧弱だが、移動1スマッシュ1を持つウイニータイプのデッキにも機能する

愛撫の魔煙フェザー
このカードがスクエアから墓地に置かれた時、あなたは自分の墓地にある対象の使用コスト3以下のストラテジーを1枚選び、持ち主の手札に加える。

《微笑む人形マリアン》を外してコンボユニットとして採用。
除去能力は当然《微笑む人形マリアン》の方が強いのだが、《シャドー・ソウル》が墓地にあれば、
オペラハウス等の自軍進行に対しての確殺能力に秀でる。
冥界の通廊》のコンボを考えてもこのユニットの方がアドバンテージを稼げるので優位に場の構築を進められる。

シャドー・ソウル
バトルスペースのスクエアにあるすべての相手のユニットに、ターン終了時まで、以下の能力を与える。『このカードがバトルに勝った時、そのバトル終了時に、このカードを持ち主の墓地に置く。』
プランゾーン効果(このカードがプランゾーンにある場合、以下のテキストが有効になる。)
バトルスペースのスクエアにある相手のユニットがバトルに勝った時、そのバトル終了時に、そのユニットを持ち主の墓地に置く。


今回黒における最強カード。
基本的には《冥界の通廊》のストラテジー版。
プランゾーン効果も併せ持つので1コストで場全てに効果を置くことができる。
幽鬼の谷》との相性も抜群。
使用コストも2と低く中央に《戦虎タイガーアイ》がいても《殺意の魔煙キラー》+《シャドー・ソウル》の3コストで除去が可能。

冥界の通廊
このカードと同じラインのスクエアにあるユニットがバトルに勝った時、そのバトル終了時に、そのユニットを持ち主の墓地に置く。

ベースラインバトル限定確定除去。
相手のサイズを全く選ばない機能性。
エキスパンション1で団結2コストユニットが登場した為、格段に効果をあげられるようになった。
ベース依存しやすいが《シャドー・ソウル》があるので安定した除去が可能である。

幽鬼の谷
あなたのユニットがこのカードと同じラインにあるスクエアから墓地に置かれた時、あなたは自分の墓地にある、使用コストがそのユニットの使用コスト以下の対象のストラテジーを1枚選び、持ち主の手札に加える。

早くも出たストラテジー回収ベース。
コンボの役目は《シャドー・ソウル》と《冥界の門》の2つ。
シャドー・ソウル》は常に2エネルギー残すことによって、ベース上にあればバトル中捨て山から《シャドー・ソウル》を回収してさらに使用して除去が可能である。
また《冥界の門》にいたってはエネルギーがある限りスマッシュを狙いに行く事ができる。
またX点は墓地にある限り0なので、《殺意の魔煙キラー》でも回収できるので、効率が特に良い。

《デビルクロック・タクティクス》
あなたは自分の墓地にある対象の黒のカードを1枚選び、持ち主のプランゾーンにあるカードを裏向きにした後、持ち主の山札の1番上にプランゾーンとして表向きで置く。このカードをゲームから取り除く。

このカードは安定剤。
黒のあらゆるパーツを墓地からプランに戻すことができるので、
序盤では利用価値が少ないが、最後の一押しも可能。


《幽鬼の谷》を使いたいが為に組んだ除去コンもある程度落ち着いた感じ。
実際、時計デッキはまだ経験不足なので、あらゆるデッキのバランスを見ないと落ち着かない。
サイドに関してはまだ試行錯誤、とりあえず限界を感じるまでは黒で行こうと思う。

別窓 | DZ-Deck | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[DZ] DZユース調整会 #100 | 君と僕のまにまに。 | 更新予定>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 君と僕のまにまに。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。